歯を失ってしまった
入れ歯の具合が悪い

LOST TOOTH

患者さまに合わせた
最適な歯の機能回復を
ご提案します

生涯を通して健康的で質の高い生活を送るために、歯は欠かせない存在だと考えており、当院ではできるだけ歯の寿命を延ばすということに力を入れていますが、やむを得ず歯を失うことになってしまった方、事故や怪我で歯を失ってしまった方には、より良い方法で歯の機能を回復する治療をご提案いたします。
入れ歯、ブリッジ、インプラントといった治療の選択肢において、それぞれ優れている点もあれば、注意が必要なこともあります。患者さまの生活やお口の状態に合わせて説明いたしますので、お気軽にご相談ください。

失った歯を機能回復する
治療法の比較

治療法入れ歯ブリッジインプラント
噛む力
審美性×
清掃性
他の歯への負担×
治療期間
耐用年数
費用

入れ歯、ブリッジ、インプラントの比較です。
噛む機能を重視する。審美性を重視する。費用面など、それぞれに優れている面があります。ご希望に近い治療をお選びいただけます。
表だけでは比べられない。どうしてこのような評価になるのか。など気になる点がある方は、是非一度ご来院ください。

当院の入れ歯治療

保険治療でも使い心地の良い入れ歯

入れ歯で食事をすると痛い。食べ物が挟まる。すぐに外れてしまう。入れ歯でこのようなお悩みはありませんか?医療保険が使える範囲で作ったから仕方がないと諦めていませんか?
保険の入れ歯と保険外(自由診療)の入れ歯の違いは、基本的には材料です。(一部製作工程が違うこともあります)形に大きな違いがある訳ではないので、保険治療の入れ歯だから使い心地はあきらめなければならないということにはなりません。
それ以上に見た目や付け心地などにこだわれる入れ歯が自由診療の入れ歯ということです。

ご希望や用途に合わせた
オーダーメイドの入れ歯

※自由診療(保険適用外)

金属床義歯

一般的な入れ歯は、床(ピンク色の土台の部分)がレジン(プラスチック)製のため、強度を確保するために、ある程度の厚みが必要になりますが、この床が金属でできている入れ歯が金属床義歯です。
入れ歯を薄く作ることができるため違和感が少なく、軽いので着け心地も良くなります。金属は熱伝導が良いため、食べ物の温度がわかり、食事がおいしく感じられるという方も多くいらっしゃいます。

ノンクラスプデンチャー

一般的な部分入れ歯は、周囲の歯にクラスプという留め金を掛けてお口の中に固定しますが、この留め金がないものや、レジン(プラスチック)製で目立たない作りの入れ歯がノンクラスプデンチャーです。
入れ歯をしていることがわかり難いなど審美性に優れた入れ歯です。

入れ歯治療の費用

ノンクラスプデンチャー

1~3歯

88,000円

4~7歯

99,000円

8~13歯

110,000円

金属床義歯

440,000円

入れ歯治療のリスク・副作用

  • 違和感が完全になくなるものではありません。※使用感には個人差があります
  • 使用状況により破損する場合があります

当院のブリッジ治療

失った歯の本数が少なく、連続している場合に適応できる治療です。失った歯に隣接する歯を削り、その歯に被せる被せ物と失った歯の代替になる人工歯が繋がったクラウンブリッジという被せ物を装着します。
隣接する歯を削らなければならないため、歯の寿命を縮めることに繋がるのが最大の懸念事項ですが、元の歯と同じように噛めて、違和感も少ない治療です。また、自由診療なら審美性が良いブリッジが選べるのも良い点です。

当院は予防歯科に力を入れて取り組んでいます

インプラントや入れ歯、残っている歯を永く健康に保つために、定期検診を受けていただくことをお勧めします。詳しくは当院の予防歯科をご覧ください。

診療予約について

RESERVE

患者さまをお待たせしないために、完全予約制とさせていただいております。お電話もしくは予約フォームから予約をお取りいただけます。

 日祝
9:00-13:00
14:30-18:00
休診日:火 / 木曜日

〒183-0035
東京都府中市四谷5-23-12 コーナン府中四谷店内